プロフィール

華織(KAORU)

Author:華織(KAORU)
ご訪問ありがとうございます。
言葉少なめ??写真中心のブログです。
写真を楽しんでいただければうれしいです。

お知らせ
リンクフリーです。
リンクしていただいた時に ご連絡いただければうれしいです。
ご連絡がありましたらこちらからも
リンクさせていただきます。
よろしくお願いします。
 
コメントはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示

その子の運と生きる力

Thu.26.12.2013
鉄平の件ではご心配おかけしました
そしてメッセージありがとうございます

具合が悪くなったのは24日でした

下の画像は24日のものです

目に光が全くなく、日頃体温の高い子が冷たくなり正直もう長くないのでは?
思ってしまうほどでした

と同時にいろいろなことを考えてしまいました

年末年始に突入するし、田舎では動物病院の救急なんてない
そして、潤子(犬)と漱石(猫)がお世話になった霊園もいつから休みでいつから始まる?
のだろうか等々・・・

それほどの事態でした

IMG_3493.jpg

下は25日の夕飯の様子

めざましい復活 ごはんも食べささみもこの通りガッツいています
彼のごはん命が復活したのでホッとしました
彼が食べれなくなった時はお迎えが来るときと思っていましたから

食べることはできても、昨日は長い間立っているのは困難でした

IMG_3620.jpg

目も通常に戻ってきた感じ(25日夕方)


IMG_3629.jpg

そしてこの画像は今日


鉄平の力強い生命力と彼の持って生まれた運の強さというものを
感じずにはいれないと思いました

そう彼は最近では珍しい捨て犬でした
我が家で保護したのは16年前

先代の犬、潤子(捨て犬)が病気とケガのオンパレードに対し鉄平は病気もケガも全く
なく、ある意味とても孝行息子です

それだけに24日の出来事はもう心配で心配で

特にどこか苦しいところや痛みがある風ではなかったので
側についてとにかく冷たい体を温めました

おかげさまで今日はかなりしっかりした足取りに・・・
良かった

IMG_3638_20131226212436e85.jpg

鉄平が具合悪い間の他の子たちは本当にみんなお利口さんにしていてくれました

舞来は心配そうに鉄平の側にいました
ただ母も私も鉄平にかかりきりになっていたので少々拗ねていたようです(苦笑)

そんな姿がいじらしくもありましたけど

IMG_3044.jpg

2階を住居としている、ねこ組は1階の様子がただならぬと感じたようで
本当に静かにしていました

いつも一緒にいる管理人もほとんど1階に行ったきりでしたので・・・

IMG_2830.jpg

甘えん坊のそらは感心するくらい静かに寝ていました

動物たちは同じスペースにいなくても、また同じ種族でなくても
微妙な空気を感じ取るものなんですね

彼らの気遣いは大したものです

笑われるかもしれませんが私は彼女たちに鉄平の様子を伝えていました
ちゃんと理解していたようで、彼女たちは人の言葉をしっかり理解しています

そう!!しゃべれないだけ・・・

IMG_2920.jpg


皆様の貴重な時間を「ねこまんまは食べません(笑)」にお付合い頂きありがとうございます

 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
スポンサーサイト

topTop